2018年3月19日月曜日

ウボンゴ トライゴン  Ubongo Trigo


対戦型タングラムパズル。


<内容物と準備>

ピース


7種類のピース。全員同じセットを持ちます。

お題カード

両面仕様で片面が簡単、裏面が難しい問題となってますので、どっち使うか選んで山札にします。

<遊び方>

せーのでお題カードを取ります。
使用するピースの番号がカードの右側に書いてありますので、そのピースだけを使ってカードに当てはめていきます。


できたら「ウボンゴ」と宣言して20数えます。
その間に完成したプレイヤー全員が得点。

<感想😄>

「ウボンゴ」は色んなシリーズが出ていますが、正直苦手。
でも、娘はこういうの好きなので買ってみたところ、大当たりでした。
簡単な方の面なら自分でも割とすぐに作れますので、こちらを娘に。
で、難しい方を自分に充てて競争すると良い感じです。

最初は苦戦するんですが、何となく脳がウボンゴに最適化される?のか、次第に早く解けるようになっていきます。
こんなに楽しいものだと思いませんでした。解けないとムカつきますがw

謎は2つあって、原題はTrigoなのに何故日本語はトライゴンになるのか。
そして、臭い。自分のだけかなあ。新品で買ったんですが、いつの頃からか謎の匂い。インク?消毒?何か分からない匂いが取れません。😣

0 件のコメント:

コメントを投稿