2018年3月20日火曜日

ノームの村 Schüttel's


ダイスの代わりに小人を振り出すダイスゲーム。


<内容物と準備>

お金


軍資金200金ずつもちます。ゲーム終了時、一番お金持ちが勝ち。
最初これメモ帳みたいにくっついてて、一枚ずつ切り離すのが面倒でした。
めずらしい40金紙幣があります。よく使うので。

商品


ノーム(小人)の生産する商品コマ。
各自、自分の色を持ちます。容器は100均で買ったものです。


ノームとカップとノームトレイ



15体のノーム。3色ありますが、数えやすくするためのもので、ルール上の意味はありません。あとノームを振り出すカップとトレイが付属してます。

<遊び方>

手番は時計回りに進行します。
自分の番になったらカップにノーム15体を入れ、一振りで振り出します。


で、出たノームの数に応じて、対応する場所のアクションを実行します。

お店

一番多いのがお店。
たとえばこれはノームが4個出た時に行くドラッグストア。


店の前の丸いところが商品置き場で、数字は価格です。
ここで商品を生産するか売却するかができますが、最初は売りたくても商品が置かれてないので、商品を生産するしかないです。こんな感じに一番安いマスへコマを置きます。


置き場がある限り、誰でも後から商品を追加で置けます。


コマは常に一番安い方から置かれます。
黄色のコマが置かれると、赤のコマは100から150のマスへ移動(値上がり)します。ラッキー。ただし、売り場から押し出されて置ききれなくなった商品は廃棄になりますので注意。

で、まあ、それはともかく、こんな感じで置かれていたとして、「じゃあ売ります」と。


100+250=350金を赤プレイヤーが受け取って、空白を埋めるように残りの商品が値下がりします。


売った商品は倉庫へ。


ルールを直訳すると「倉庫」ですが、役割としては廃棄処分場?まあとにかくここへ置かれたコマがゲームに戻ることはありません。で、ここが一杯になるとゲーム終了。


さらし台

もちろん、店以外にも特殊なマスがあります。
1/3/15が出た場合はさらし台。


ボード中央の14の市場のマスへ40金を支払います。


もちろん、14を振り出せばこの市場に貯まったお金を総取りできます。
狙って出そうとして15が出て更に貢ぐ未来しか見えないw

他にも、好きな場所に商品を置ける2番の占いテントや、全員からお金が貰える居酒屋などがあります。


ゲームの終わり

商品コマが尽きた人が2人出るか、廃棄置き場が一杯になったらゲーム終了。
一番お金持ちが勝ちです。


<感想😁>

ダイスと違って、自分の加減で出す目をある程度コントロールできるというアイデアが素晴らしく楽しい。
ある程度というのがポイントで、大抵は狙いから微妙にズレた目が出るw
人数も6人までで、時間も30分程度で終わるため、大人のゲーム会の箸休めに丁度良いです。
ただ、ウチの娘6歳にはちょっと難しいかなあ。どうしても15(ドボン)連発になりがちです。手加減も難しいし・・・
負けてばかりだけど何度もやりたがった辺り、魅力は伝わったようです。
振り直しできる特殊アイテムでも自作してハンデとしてあげれば良いかなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿