2017年5月21日日曜日

オーシャンアイランド Lagunera


ボードを傾けて玉を転がして穴にはめる。

<内容物と準備>

個人ボード


魚が4色いるので、好きな1匹を選び、玉2種(鉄球・ガラス玉) を1個ずつ受け取ります。転がっていかないように台にセット。手前の4つの丸い溝はチップ置き場です。

ヒトデチップ


得点チップです。脇に置いておきます。

ボードは中央に。
準備完了

 <遊び方>

手番になったら、自分の魚と同じ色の穴の近くに、魚と玉を置きます。

黄色の穴

鉄球をセットした状態の魚

鉄球・ガラス玉の2種類あるけど、どちらをセットするのも自由。
*鉄球の方がスピードが付いて難しくなります。

ルーレット


ボード中央の灯台の光がルーレットになっているので、指で弾いて回します。

パチーン。くるくる。

 光が射した方向が今回目指すゴール。

緑を指しています(ボード周囲の色でわかる)

緑の穴
緑のところで止まれば、緑の穴を目指します。
(ここは緑プレイヤーのスタートの穴でもあります)

あとは、ボードを手で持って傾けて、魚(の中の玉)を緑の穴に入れればOK
成功すれば緑のチップを貰って次の人の番。
失敗(別の穴にはまるorボードから落ちる)したら次の人の番。

緑チップ獲得

チップを4色獲得したプレイヤーの勝ち。


<感想😗>

お土産屋さんに希にある玉転がしゲームを対戦型にしたような。
遊んだ感じはまさしくあれですね。
でもこれ、大人にはすごく簡単。まず失敗しません。
逆に、ボードが木製で結構重いこともあってか娘には難しいらしく、親子で対等に遊ぶにはちょっと厳しい。
ということで、1回遊んでお蔵入りかな~と思ってたんですが、時々娘が引っ張り出してきます。そこそこ楽しいようです。

それにしても、箱やボードの絵は作者が描いたようですが、味がありすぎでしょうw

0 件のコメント:

コメントを投稿