2017年12月28日木曜日

犬の追いかけっこ! Hund Herum!


ボールを転がして骨の争奪戦


<内容物と準備>

ゲームボード


準備完了状態がこう。ボード外周をボールが転がる構造になっています。
最も内側には、そのマスの報酬(骨やウンコ)の絵が描かれています。


 得点チップです。脇に置いておきます。

犬カードと給餌カード


犬カードは裏面に使用するプレイ人数が書かれていますので、それだけを使い、その他は箱にしまいます。
犬カードには各プレイヤーの犬が描かれています。
時々「×2」という、カードの効果を2倍にするカードが入っています。

犬カードをよく混ぜ、上から3分の1と3分の2の辺りに給餌カードを挟んだ山札を作り、中央に置きます。その後、人数と同じ枚数をめくって周りに置きます。


番犬


2匹が互いにボードの反対側に位置するように置きます。


個人ボード


各自の犬を決めて各自受け取ります。
受け取った骨チップ置き場でもあります。


骨タイル


ぐらついたテーブルに使用。(脚に噛ませる。こんなのまで付いてるとはw)


<遊び方>

時計回りにて版を回します。手番になったら次の順に行動します。

ボールを転がす

どっち方向でもOK。3マス以上遠くまで転がすこと。

止まったマスにより下記アクションを実行

(A)マスに番犬がいない場合
    そのマスへ、中央の表向きのカードから1枚選んで置く。
    既にそのマスにカードがあれば、その上に重ねて置きます。


     骨のマスにカードのある犬は、給餌の際に描かれた本数の骨が貰える。


     ウンコのマスにカードのある犬は、給餌の際に骨を1本失う。

 (B)マスに番犬がいる場合
    茶色い番犬:好きなマスの一番上のカードを、その隣のマスに移動
          (選ぶときに下のカードを見てはいけない。)

    黄色い番犬:ボールを再移動


番犬の移動

2匹が時計回りに1マスずつ動く。

カードの補充と給餌

  中央のカードが減っていたらその分補充。
  その時にエサカードが出たら給餌

給餌

骨のマスにカードがある(複数枚ある場合は一番上のカードの)犬は骨が貰え、ウンコのマスだと骨を失う。
カードが尽きたら最後の給餌をしてゲーム終了。骨の多い人の勝ち。

<感想😏>

コロコロとボールを転がして狙い通りに止めるのが楽しい。うまくいかないけどw
陣取り?いかに自分の犬を有利な場所に置いていくか、相手にウンコマスを押しつけるか。そんなゲーム。
結構面白いと思うんですが、不器用な6歳娘には少し難しいようでしたw

セカイモンで購入)

0 件のコメント:

コメントを投稿