2017年8月26日土曜日

タカマチ TAKAMACHI


色かマークの最大グループを早探し。なんと5分で終わるゲーム!


<内容物と準備>

砂時計と特殊ダイス


缶の箱を開けると、中には特殊ダイスと砂時計だけ。
砂時計を中央に置き、ダイスを同数配れば準備完了。早い!
(どのダイスを取っても同じです。どうせ混じるので)

<遊び方>

全員、「せーの」でダイスを一斉に振ります。

互いのダイスが混じっても大丈夫
そしたら、ダイスの色、もしくはマークで最も多いグループを探します。
上の写真ですと、「緑」または「黄色」が4個で最大。
「ハート」も多いけど、3個なので及びません。

そうして最大グループを見つけたら砂時計を倒して宣言します。
上の写真なら「緑!」(または「黄色!」)と言いながら砂時計を倒す感じ。

このまま砂時計が落ちれば、その人の勝ち。

さて、砂時計が落ちるには10秒ほどの余裕があります。
この間に、「いや、こっちの方が多くね?」というのを見つけて叫べたら、その人の逆転勝ち。


タカマチ

さて、もう1例。一番多い色かマークを探してみて下さい。


「紫」ですね。
ところが、これをよく見ると、色も形も同じものがあります。


もし、これを見つけたら「タカマチ!」と叫んで下さい。
その瞬間、そのプレイヤーの勝利が決まります。砂時計を倒す必要もありません。


次のラウンドとゲームの終わり

勝ったプレイヤーはダイスを1個減らします。
(箱に戻してゲームから除外する)
そして、他のプレイヤーも、最初に振ったときと同じ数のダイスを取って、また全員が「せーの」で振ります。
最初にダイスを全部無くしたプレイヤーが最終的な勝者です。

<感想😁>

謳い文句通り、5分で終わるゲームです。
10秒ほどで落ちる砂時計も世界最速級でしょうw
説明も簡単ですし、ゲーム会で時間調整するほどでもない合間でも、ちょこちょこっと遊べてサクッと盛り上がります。

「タカマチ!」が出る確率は低いような高いような良いさじ加減で、みんなが「うわーそれ4個かー。もう(5個は)無いよ・・・」とか言いながら諦めて砂時計落ちるの待ってる間に不意に「タカマチ!」宣言が出た日には、悔しさ混じりの賞賛の嵐w

スピード系なので、娘と遊ぶときは手加減必須ですが、楽しく遊べます。
なかなか気に入ってます。

百町森で購入)

0 件のコメント:

コメントを投稿