2017年7月30日日曜日

カヤナック Kayanak


紙にブスっと穴開けてお魚釣り!
♟SDJ1999特別賞


<内容物と準備>

ボード?(下箱と中蓋)


箱を開けると、このように丸い溝がいっぱいあります。
附属の金属球をザラッとあけて、箱を揺すってこの溝に入れます。

大きい玉(といっても直径2ミリくらい)と小さい玉がある。
で、中蓋を置きます。

穴がいっぱい空いてる
そして、中蓋の上にA4サイズのコピー用紙を置きます。


最後にもう一枚の中蓋を置きます。


上下の中蓋は同じ位置に穴が空いていて、その間にコピー用紙が挟まる格好です。


駒とお皿

現在流通してる新版では駒がエスキモーから白熊に替わってるらしい。

駒と、釣った魚(に見立てた鉄球)を入れるお皿。
自分の色を選んで取り、駒はボードの好きな場所(穴の上)に置きます。



氷チップ・水チップ

厚紙ではなく木製という豪華っぷり
ゲーム中で使います。とりあえずボードの脇にまとめて置いておく。


釣り竿と特殊ダイス


最初の手番のプレイヤーが持ちます。

<遊び方>

青白2個のダイスを一度に振って、その指示に従います。
ダイスには効果マークと目(黒い点)が一緒に描かれています。

イヌイットマーク

出た目の数だけ、自分の駒を移動します。
駒は上の中蓋の穴の上を移動します。

つるはしマーク


出た目の分、釣り竿の底(尖ってる)でブスッと穴を開けます。
ブスッとできる場所は自分の駒の隣だけ。(この点、写真ミスってます😓)


魚マーク

出た目の回数、既に空いている穴から釣り竿を使って魚を釣れます。
釣れるのは自分の周りのマス。(この点、またもや写真ミスってます😓)


釣り針の代わりに磁石が付いてて、下の溝にハマってる鉄球がくっつく仕組み。

何匹釣れるかお楽しみ
大きい玉は2点、小さい玉は1点です。


水マーク


水チップを好きな場所に置きます。
または、既に置かれてある水チップを取り除きます。
水チップのある流氷(割れ目で区切られてる)は解けて薄くなってるので人駒は入れません。穴を開けたり釣りをすることはできます。


氷マーク


氷チップを既に穴の空いている好きな場所に置きます。
または、既に置かれてある氷チップを取り除きます。
ガッチリ凍り付いてるので、この場所は再び穴を開けることができません。
また、水チップが置かれた流氷でも、氷チップの場所だけは凍ってるので、その上を歩けます。

ゲームの終わり

誰かが15匹の魚を釣るか、全部の流氷に穴が空いたら終わり。
大きい玉2点、小さい玉1点として一番点数の多い人が勝ち。

<感想😄>

このゲーム、百町森のプレイオンに置いてあって、結構な回数娘と遊んでいます。
ところがルールをしっかり読んでなかったので、なぜかずっと終了条件を「全部の穴を開けたとき」と勘違いしていて、「面白いのになかなか終わらないゲームだなあ」とちょっと敬遠してましたw
今回手元に来たことで、ルールを改めて読み直したら衝撃の事実(自分だけ)w
パシッとキレよく遊べました。
見た目通り、穴をブスブス開けるのと、何が釣れるのかという楽しみのある良いゲームです。ただ、ダイス目によっては何もできずに終わってしまう場合があるので、そこが唯一残念です。(ハウスルールで、その時は何でもありの?マークに置きかえて遊んでます)
娘もお気に入りで、特にゲームが終わった後に全部の穴をブスブス開けるところが大好きですw

セカイモンで購入)

0 件のコメント:

コメントを投稿