2016年11月21日月曜日

ワードファクトリー Word Factory


・アルファベットのダイスの並びから、英単語を素早く探す。※大人向けです。
・必要スペース:小さいテーブル


<内容物と準備>

アルファベットのダイス


25個。スクラブルのタイルと同様、JやXは少なくてUやTは多いなど、英単語向けに出目の数はチューニングされてます。

特製ケース


25マスに区切られたケース。先程のダイスを全部入れる。
フタは充分すぎるほど高さがあって、閉めると中に適度な空洞ができます。


砂時計


とりあえず脇に。

紙ペン

各自、紙とペンを持ちます。


<遊び方>


ケースごと豪快に激しくダイスを振って、フタを開けます。


砂時計をひっくり返してゲームスタート。
英単語を探して、各自、紙に書き出していきます。
もちろん、人のを見てはいけません。

単語の探し方


・縦・横・ナナメで隣接するダイスからなる単語を探します。
・途中で折れ曲がってもOK。
・2文字の単語は駄目(写真の黄色い単語「IT」など)
・複数形や過去形OK(写真の「SELL」に左の「S」を足して「SELLS」など)

写真で示したのは一例。まだまだありますよ。「RUSH」「SAIL]etc...

ゲーム終了と得点

砂時計の砂が全部落ちたらゲーム終了。

各単語の文字数マイナス2が得点ですので、各自書き出した単語の得点を合計して下さい。
例えば、DOGなら3文字なので1点という具合です。
(プレイヤー間でダブった単語を最初に除外すると計算が楽になります。)

合計点の一番多いプレイヤーの勝利。


<感想😣>

無理。英単語の語彙力の差がそのままゲームの得点差に直結します。
同じ英単語ゲームでもスクラブルなら妻と対等に遊べる私ですが、このゲームでは惨敗しかないです。

フィリピンでは妻が子供の頃よく遊んだゲームで、割とメジャーだったようですが、テレビゲームの台頭で最近はすっかり下火でフィリピンでも中々見かけなくなってしまったようです。
フィリピンの通販サイトを使って妻の実家で受け取り(国外発送非対応)、里帰りの際に持ち帰って貰った一品です。とまあ苦労して手に入れた割に自分は遊べなかったという・・・妻が友達と遊んでおります。

0 件のコメント:

コメントを投稿