2016年7月18日月曜日

マルマル mal mal


・背中に絵を描いて当ててもらう。
・必要スペース コーヒーテーブル

<内容物と準備>

お題カード(表面)


合計60枚、お題の難易度別に色分けされています。
  難しい(6歳~) 30枚
  普通(5歳~) 15枚
  簡単(4歳~) 15枚

サイズは、少し小さめのトランプといったところ。

お題カード(裏面)


裏面もお題になっていて、こちらで遊ぶこともできます。
ただし、こちらはお題を文字で表していますので、難易度は格段に上がります。
ちなみに、上からドイツ語、英語、フランス語、イタリア語となっています。


準備

シャッフルして、お題に使う面を上にして6枚並べます。
残りは伏せて山札に。


これで準備完了。


<遊び方>

手番の人は、表にした6枚から心の中で1つ選び、それを次の番の人の背中に指で書きます。
分からない場合は3回まで書いて貰うチャンスがあります。

当てたら、そのカードを貰います。
また、当てて貰った方も山札から1枚カードを貰います。

山札から1枚、場に補充して次の人の番。
1周したら逆回り。

これを下記の回数だけ繰り返して、一番カードを集めた人の勝ち。
3人 4周
4人 3周
5人以上 2周

<感想😁>

「背中に絵を描いて当てる。」
誰もが子供の頃やった遊びをゲームにしたというズルイ奴w

公式で「3人以上」となっている理由は、ルール上、2人だと点差がつかないという事だけなのですが、このゲームで誰が点数を気にするのでしょうかw

くすぐったそうな絵を選んで、さも絵を描いてるだけの体で、くすぐったいところを狙って線を引いていく遊び
大人同士だとセクハラ注意ですが、子供相手なら遠慮は無用。
というわけで、娘と2人でもケラケラ笑いながら遊べます

なお、お題カードは5歳の娘でも全色9割以上的中できるほど簡単です。
字の方は、娘がアルファベットの読み書きができないのでやってません。

0 件のコメント:

コメントを投稿