2015年9月18日金曜日

にわとりのしっぽ Zicke Zacke Hühnerkacke



・神経衰弱で当たれば駒を進めれる。相手の駒を追い越すと尻尾が貰え、全員の尻尾を獲った人が勝ち。
・2人~
・3歳~
・記憶ゲーム
♟2011推薦リスト

箱がでかいです。多分4分の1のサイズにしても収まります。

箱でかい!

<準備>

八角形のタイルを裏返しにして、卵形のタイルを環状に囲むように並べます。
八角形のタイルの表には、卵形のタイルと同じ絵が描いてあります。


にわとりに尻尾を一本刺して、互いの距離が均等になるように配置したら準備完了。

おしりに尻尾を刺す穴が空いてる。

<遊び方>

卵形のタイルがニワトリの進むコースになります。(常に時計回り)
自分の番になったら、裏返しのタイルを1枚めくり、1歩前の絵と同じ絵だったら前進して、めくったタイルは裏に戻して、次のタイルをめくります。
当て続ける限り、何歩でも進めます。

目玉焼きを探す。

神経衰弱の要領。当たれば1歩前へ進める。

当て続ける限り何歩でも進める。


外れたら次の人の番。

にわとりのしっぽ Zicke Zacke Hühnerkacke
このサイズ感。お分かり頂けるであろうか。

黄色の鶏だと、「卵を食べるハリネズミ」をめくれば進めますが、残念、めくったのは「3つの卵」の絵なので一歩も進めず、次の人の番に。


追い越し

もし、他のニワトリを追い越したら、おしりに刺さってる尻尾を全部貰えます。

黄色いニワトリの番。「花」を見付けたら追い越し。

追い越し成功!この後も当てれば進むことができる。

尻尾がなくても脱落しません。抜き返せば・・・

2本とも奪い返すことができる。

ゲームの終わり

誰かが全員の尻尾を取ったらゲーム終了。その人の勝ち。

<感想😐>

最初は全然進みませんが、次第に配置を憶えるので、1回でどんどん進めれるのが気持ちいい。

ルールも簡単なので、3歳頃から遊べますが、大人とそれなりに遊べるようになるのは4~5歳からでしょう。

この微妙に憶えづらい絵が良い。
「赤っぽい」とか「タマゴ」などの曖昧な記憶でめくると、大抵別のタイルだったりする。

(2016.10追記)
時々、娘が引っ張り出してくるので一緒に遊びますが、まだ勝負にならない感じです。
もう5歳4ヵ月なのに。アホの子か。
そしてほぼ毎回、半ベソで負けてるのに(娘のニワトリが中々進まないので、わざと負ける為にはかなりの忍耐が必要。)、しばらくするとまた引っ張り出してきます。
気に入ってるって事なんでしょうね。


0 件のコメント:

コメントを投稿