2017年4月17日月曜日

ハムスター一家/ハムスター秘密基地 Hamster Bande


癒やし系協力ゲーム。しかしその牙は鋭い。

<内容物と準備>

ハムスターとハリネズミ


自分の色のハムスターを決めて、ボードのリビング(ホイールの下の部屋)に置きます。
ハリネズミはスタートプレイヤーのそばに置きます。

食料


それぞれ人数分の人参・麦・クローバーをボードの地上に置きます。

木の葉


表が緑、裏が枯れた茶色の葉っぱ。
ボードの枯れ木の所に緑の面を上にして置きます。

ゲームボード

4分割。マス目となる地下の部屋を凹凸で表現した珍しいボード。
乗り物(トロッコ・エレベーター・ホイール・ゴンドラ)を凹凸の溝にはめます。

エレベーター。ボードの溝に沿って上下するよ!

ホイール。くるくる回せるよ!4匹まで乗れるよ!

トロッコ。溝に沿って左右に移動するよ!

ゴンドラ。ブランコみたいに前後に移動するよ!


サイコロ


1~4の目の特殊なサイコロ。

<遊び方>

スタートプレイヤーから順番にサイコロを振り、出た目の数だけ部屋を移動します。
なお、乗り物の部屋も通常通り1歩カウント。(部屋の中で乗り物を移動しても歩数は消費しない。)
地上に出ると、その場所の食料を獲得。
(ただしニンジンは地上ではなく下の部屋で獲得)
チップを手元に置き、所定の倉庫に着いたら運搬完了です。
手番が一周したらハリネズミが葉っぱを1枚食べて取り(ボードから取り除いてハリネズミの所へ置く)、全部の葉っぱがなくなる前に食料を全部倉庫に運べば全員の勝ちです。

*ハリネズミは冬眠のための寝床づくりで落ち葉を集めてます。何で食べるのと勘違いしていたんだろう・・・?


<感想😏>

ゲーム自体は子供向けゲームらしく、難しく悩む必要の無い、素直に遊べる内容です。
こう言っては何ですが、取り立てて特徴が無いとも言えます。
でも、ひたすら可愛いハムスター、楽しげな地下のお家、乗り物のギミックが花を添えます。協力ゲームなのも平和な雰囲気を後押しします。癒やされますね。
特に役割分担はなくて皆がそれぞれ動くだけなので、あまり協力してる感はないですけどねw

最初、附属の日本語ルールが「毎回、葉っぱを落として次の人に交替」的に読めたので、クリア不能に思えたんですが、英語ルールを読んだらやはり1週ごと交替となってて安心。

あと、ルールを見落としていた。「止まったマスにいる別のハムスターに食料を渡すことができる。(ただしハムスターが持てる食料は常に1個)」
上手く使えばちょっと効率的になるかな?

というわけで普通にやれば余程ダイス運が悪くない限りクリアできますが、葉っぱの数で簡単に難易度を調整できるのも良い。
(訂正)
乗り物の部屋も1歩と数えるのですが、それを数えないという致命的なルールミスをしての感想です。正しいルールでは「余程ダイス運が悪くない限り」どころか、普通以下のダイス運では負けます。全力で殺しに来ていますw
葉っぱあと1~2枚多ければだいぶ違うんですが。本当に4歳以上???
これ書かれてないけど、乗り物は一度に1匹しか乗れない感じだし(ホイールを除く)。
収穫物のやり取りはハムスター同士の直接渡しですが使える状況が限られてて・・・任意の部屋に置くことで間接的に渡せるとかなら多少は助かるんですが・・・
でも、そんな厳しさも癒やしてくれるハムスターに騙されて何回も遊んでしまうゲームです。

娘はゲームそっちのけでドールハウス的な遊びを楽しんでましたが、その延長でお話ししながら遊ぶのが丁度良い感じでしょうか。



0 件のコメント:

コメントを投稿